外から帰ったら必ず足を洗う

外出から家に帰ってきたら、最初にすることは風呂場に行って足を洗うことです。

子供のに躾けられたことが習慣化して大人になってもやってます。

外から帰ってきたら、必ず冷たい水で足を洗います。

靴を履いて歩き回った足はたいてい蒸れていて冷やすには冷たい水の方が都合がいいからです。

冬でも基本、冷たい水です。

さすがに雪の中を歩いてきて足が冷たくなっている時はお湯を使いますが。

 

子供の頃はちょっとめんどくさかったけど、習慣になってしまうと洗わないと気持ち悪いくらいです。

習慣てすごいし、面白いですね。

良い習慣は身を助けるです。

 

このかた水虫とは無縁です。

この習慣のおかげでしょう。

 

それから靴下は木綿100%しか履きません。

と言いたいところですが、なるべく綿の比率が多いものを履いています。綿100は今はあまり見つからなくて。

ナイロンの靴下は汗を吸収せず、臭うので、初めて履いた日に捨てて、それ以来、履いたことないですね。

 

残念ながら、自分の息子にはこの良い習慣を引き継ぐことはできませんでした。

ウチの親はそういう意味ではすごかったんだなと思います。

単に家の中を汚されるのが嫌だったのかもしれませんが。

理由はともかくこの良い習慣を躾けてくれた親には感謝しています。

 

あなたも

外から帰ったら冷たい水で足を洗う習慣を身につけてみませんか。

なにより気持ちいいので。

習慣になると快適だと思いますよ。

Photo by Alex Perez on Unsplash

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。