脂質制限の観点で選んだ携帯食5選

脂質制限しながら筋トレしている。

体に蓄えられているグリコーゲンが少ないのかすぐにお腹が空いてしまう。

空腹は筋肉には大敵なので勤務中でもサッと食べれるものを調べてみた。

結論

脂質制限中の携帯食としてハートじじぃ!がおすすめするのは

丸善 PROFIT SASAMI 味付けささみ シリーズ

 

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ

要件

筋トレ中の携帯食は通常プロテインすなわちタンパク質が重視される。

ここでは脂質制限の観点でつまり脂質を重視して、どの携帯食が合うのかを考えた。

タンパク質には劣るが糖質も筋肉になりうるし活動中に消費するのは糖質が適していることもあるのでカロリー量を第二の重視点とする。

できるだけ自分で試して感想も書きたい。

いったん、次の判定で並べ替える。

  1. 脂質が少ない順
  2. タンパク質が多い順
  3. カロリーが多い順
  4. 値段の安い順

その上で自分が試して、これはないなとかを加味して独断で並び替える。

また、気軽にコンビニなどで入手できるものに限定する。

 

携帯食5選

なお、「PROFIT SASAMI 味付けささみ シリーズ」はナチュラルローソン他コンビニ・スーパーなどで販売されています。

 

調査した携帯食一覧

今回調査した携帯食の一覧を参考に掲示しておきます。

(私見による並び替え前の要件の条件による並び替え順)

 

選定理由

「PROFITささみプロテインバー」が脂質は一番少ないが、試してみたところ次の点に問題があると感じた。

  • 魚肉ソーセージより剥きにくい(むちゃくちゃ剥きにくい)
  • 人前で食べるにはソーセージはゴリマッチョ感が漂いすぎる
  • ソーセージの皮に身がついて汚らしく、扱いにくい

これらの問題を「PROFIT SASAMI 味付けささみ」はクリアしていると思う。

「inバー プロテイン グラノーラ」は同じシリーズでもプロテインバーの中でも群を抜いて脂質が少ないので選ばれた。

「inバー プロテイン グラノーラ」は崩れやすく、ボロボロと散らかりがちだが、それを上回る脂質の少なさで選ばれた。

他のプロテインバーは意外と脂質が高いので自分はできるだけ避けたい。

まとめ

「PROFITささみプロテインバー」はいろんなレビューで評判がいいが、自分は試してみて「これはない」と思った。

独断も入っているとは言え、脂質を基準にして選ぶと意外な結果となった。

脂質制限生活の参考にしていただければ幸いです。

Photo by Perfect Snacks on Unsplash

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。