アブローラーはアブないので気をつけましょう

amazonで安いアブローラーを買ってみたのでレビューします。

安いからといって、アブローラーは初心者向けではありませんので、ご注意ください。

初心者にはアブローラーは危険!

腹筋、体幹の弱い人がアブローラーを正しいフォームで使うと腰を痛めます。

amazonのアブローラーのレビューにも腰を痛めた話が多くあります。

腹筋、体幹が弱くて体が伸びた状態を保てなくなると圧力が腰に集中してしまうためです。

では、どこまでの筋力があればアブローラーをやっていいのか、効果的なアブローラーの使い方を書きます。

 

アブローラーを使うために必要な筋力

5kg程度の重量のレネゲードロウが20回ブレずにできる

もしくは最低でも

オールタネイトプランクを20回、左右に傾かずに余裕でできる

 

が目安だそうです。(下の動画より引用)

 

まだここまではできないという場合は段階を追って腹筋を鍛える必要があります。

 

アブローラーの効果的な使い方

膝を立てた状態から胸が床に着くくらい体をいっぱいに伸ばして腹筋を使って戻す。

伸びていることが重要-伸びている状態に耐えられる筋力が必要

これも先の動画からの引用です。いわゆるヒザコロですね。

 

こんな人もアブローラーを使っている

下の動画のようなプロボディビルダーが使うほどの上級者向けなんですね。

動画の中で海外の腹筋ボコボコの選手に聞いたらみんなアブローラーやっていたと話しています。

 

まとめ

・必要な筋力がついていないとアブローラーは危険!

・アブローラーは伸びた状態で負荷をかける種目

段階を追ってアブローラーで効果的な負荷がかけられるようになると腹筋に効く種目である。

アブローラーを使いこなせるようになりたいものですね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。