大胸筋を大きくする筋トレ種目

男性なら誰でも胸を厚くしたい、大胸筋を大きくしたいと思っているのではないでしょうか。

私は一般的な胸に効くダンベル種目をやっていたのに、なかなか大胸筋がつかなかったのですが、ある種目を始めたら大胸筋がつき始めました。

「月曜日は胸の日」といわれるほど、胸は人気の高い部位です。

一般的に「ダンベル(ベンチ)プレス」「インクラインダンベル(ベンチ)プレス」「ダンベルフライ」「ダンベルプルオーバー」が大胸筋を鍛える筋トレ種目といわれていますね。

私はこれらをやっていても、なかなか胸に筋肉がつきませんでした。

いろいろ調べていて、「これが胸に効くのかも!」とある種目を始めたら、大胸筋がつき始めたんです。

大胸筋を大きくする種目とは

ディップス(Dips)

という種目です。

自重トレーニングというと意外な気がしますが、全体重が腕、肩、胸にかかるので負荷は高いです。

 

大胸筋を大きくする種目の根拠となった動画

大胸筋を大きくする方法を調べていたら、下記のYoutube動画を見つけてこれを試してみようと思ったんです。

 

 

この方は理想的な大胸筋をしていますよね。

だから、効果があるかもしれないと思いました。

 

この動画の方は、さらに重りを吊るしてやっているので自重でもないですが。

動画の中では「プッシュアップバーを使った前傾プッシュアップ」も紹介されていて、こちらも胸に効くのだと思います。

 

実践方法

ディップスを行うには、手だけで体を支えて体を沈める土台が必要です。

手近なところではWikipediaの写真のように公園の遊具を利用するといったところでしょうか。

私はディップスをやるために懸垂マシンを買いました。
(懸垂もできるし、プッシュアップバーもツイているし)

 

 

実際にやってみると、初心者だからかもしれませんが、かなり肩に入ります。でも、ちゃんと胸にも効きます。

 

胸に効かせるには、次の点に気をつけます。

・胸を張る

・上体を30度~40度前傾した姿勢を保つ

・腕を伸ばしきらない

・ダンベルフライのように腕を内側に近づけるイメージで上げていく

・体を沈めすぎてストレッチしすぎない

・下半身は床に対して垂直を保つ

 

下記の動画が参考になります。(上記の6つのコツはこの動画を参考にして書いています)

 

 

まとめ

大胸筋を大きくするには「ディップス」が効く!

6つのコツで胸に効かせる

 

これ書いていたら、「ディップス」やりたくなってきたました。

こういうときに自宅トレすぐできるので、いいです。

Image by calibra from Pixabay

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。