就活するのなら「ストレングス・ファインダー」をやってみるといい

就活中は他人と比べられたり、進路に迷ったりと悩みがちなうちの子供たちを見ていて自信をつけてやりたいと思っていてこれを思いつきました。

私の子どもたちに「ストレングス・ファインダー」やらせてみたんです。

ストレングス・ファインダーとは

下記のサイトから引用します。

ストレングスファインダー®とは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。

子供たちの反応は

自分の強みがわかって照れているのか、もともとわかっていたのか、反応は薄いんですね。

二人の子供、それぞれにやってもらったんですが、それぞれにまったく違う結果になっていました。

それぞれ、まさにその人そのものの結果だと親ながら思いました。

なんだかんだ言っても少しは自信ついたようです。

自分でもやってみたら、意外と結果は自分の思っている自分像そのものの結果が出ました。

だから、反応は薄かったんですね。

 

「ストレングス・ファインダー」をやる意味はなにか

ありていな言い方をすると自己の再確認ができるということになります。

それによって自信を得ることができます。

そうなってくるとレポートの下に表示されている

「領域の鍵」として表示されている能力項目

が気になってきます。

つまり、自分の強みを活かすために必要な能力なんです。

そこを意識して行動していけば、うまくいくのではないかと思えてくるんですね。

 

 

 

テストのうけかた

こちらのサイトにアクセスして料金を確認してみると

 

初期画面

 

 

2020年2月5日現在の料金は5850円になっていました。

これより安くできる方法があるんです。

それは下記の本(2020年2月5日現在1980円)を買って巻末についているアクセスコードを使って「ストレングス・ファインダー」のテストを受けて自分のための結果レポートを入手することができます。

 

 

おそらくサイトの表示が変更になっているため、アクセスコードの使い方がわかりにくいのですが、

先の初期画面で右上の「∨」をタップして

下記の画面で「コードの引換」をタップして

 

下記の画面で本についていた「アクセスコード」を入力します

そのあと、「新規アカウントの登録」を行います。

 

まとめ

自分の強みは自分の思ったとおりの結果になり、拍子抜けしつつも、それを活かす方法まで手に入りました。

自信をなくしているときにはとてもよいと思いますよ。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。