おすすめの安いBCAAレビュー

メジャーでない安い無添加のBCAAを買ってみました。今まで飲んでいたピーチ味のBCAAがおいしくなかったから、ノンフレーバーを試したら。。。

この記事を読んでわかること

ノンフレーバーのBCAAは安いけど、苦い!

でも、飲み方を工夫すれば、楽しく飲めます。

そして、安いBCAAと人気のBCAAとの成分比較して、どのBCAAを購入したら良いのか検討する参考にできます。

BCAAとは

BCAAとは何か。おさらいしておくと

BCAA

分岐鎖アミノ酸、分枝鎖アミノ酸、branched chain amino acid

 タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、ヒトの体内で合成できない9種類を必須アミノ酸という。そのうち側鎖に枝分かれした炭素鎖をもつアミノ酸、すなわちバリン・ロイシン・イソロイシンを分枝鎖アミノ酸(BCAA)という。

 筋肉を構成している必須アミノ酸の約35-40%がBCAAで、筋肉のタンパク質分解を抑制するといわれている。筋肉内に蓄積され、活動する際にはエネルギー源となることから、運動時に摂取すると良いと考えられている。大豆・チーズ・マグロの赤身などに、100 gあたり4-7 g程度と多く含まれているほか、BCAAを含むサプリメントも市販されている。

薬学用語解説
https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?BCAA

筋肉の分解を抑制するための成分として、タンパク質を構成する必須アミノ酸のロイシン、イソロイシン、バリンのことを指しています。

これらを摂取する理想的な比率が バリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1 という研究結果があり、広く言われています。

購入した商品

今まで飲んでいたピーチ味のBCAAが匂いや後味がおいしくなくて、

うんざりしていたので別のBCAAを購入することにしました。

さらに条件として

  • 添加物の入っていないも
    →ほとんどのBCAAには添加物が入っているので、結果としてノンフレーバーを選択することになってしまいます
  • BCAAは値段が高いのでメジャーでなくてもいいので、とにかく安いもの
  • 成分が確かなもの

これらの条件で主にAmazonで調べたところ、条件を満たして購入したのが下記の商品です。

※参考価格:4,980円/1kg 2020年7月15日 Amazonにて購入時(プライムで無料配送)
→3,980円/1kg 2020年11月3日現在

外観

商品パッケージは普通のジッパー付きの袋で、外側にスプーンが貼りつけられています。

「人工甘味料・香料無添加」の表示があります。

成分表など

内容物

BCAAを皿に出してみました。

かなり細かい粉末であることがわかります。

味(水でシェイク時)

Amazonの商品の説明イメージにもある通り、水でシェイクした場合、独特の強い匂いと苦味があります。

特に苦さは漢方薬のように本当に苦いです。

Amazonのレビューに薬と思って飲んでいるという方がいらして、我慢すればいけるようなものかと思って試してみましたが、私にはこの飲み方は続けられそうにありません。

味(オレンジジュースでシェイク時)

この商品の通常の使い方になります。

こちらは、なかなかおいしく飲めます。

また、飲むたびに自分の好きなジュースや飲み物とシェイクすることができます。

このことは商品説明イメージにも記載されていますね。

- Amazon商品サイトより引用

人気BCAAとの比較

AmazonのBCAAの人気ランキングでトップの「エクステンド BCAA+シトルリン【マンゴーネクター】1231g」と比較してみます。

比較する商品

[海外直送品]  エクステンド BCAA+シトルリン【マンゴーネクター】1231g サイベーション社 [並行輸入品]

成分比較

エクステンドの成分表

– Amazon商品サイトより引用

グロングの成分表(下図および前述の商品のパッケージ記載)

– Amazon商品サイトより引用

これらを転記して下表にまとめて比較します。

エクステンド
成分表
(14.5g中)
エクステンド
→100g換算
グロング
成分表、解説図
(10g中)
グロング
→100g換算
炭水化物 (mg) 00 00
糖質 (mg) 00 00
ビタミンB6 (mg) 6404414 00
ナトリウム (mg) 2201517 00
カリウム1801241 00
ロイシン (mg) *350024138 490049000
グルタミン *(mg) 250017241 00
イソロイシン* (mg) 175012069 245024500
バリン* (mg) 175012069 245024500
電解液ブレンド* (mg) 11407862 00
シトルリン* (mg) 10006897 00
ヒマワリレシチン (mg) 00 不明不明
成分合計(mg)1268087448 980098000
アミノ酸成分*(mg)1164080276 980098000
以下g換算
アミノ酸成分(g)11.6480 9.898
その他の成分2.8620 0.22
上記の成分合計(g)12.6887 9.898
1食(g)/100g換算14.5100 10100
アミノ酸含有率 80% 98%
BCAA含有率 48% 98%

*印がアミノ酸成分としている成分。

注目すべきは、、アミノ酸含有率、BCAA含有率がエクステンドよりグロングの方が高いことです。

アミノ酸含有率
★エクステンドは80%
☆グロングは98%と高い

BCAA含有率
★エクステンドは48%と半分以下
☆グロングは98%と高い

だからといって、エクステンドがグロングより劣っているというわけではありません。

エクステンドBCAA公式サイト
を見ると

シトルリンマレートとは?
アミノ酸シトルリンと有機塩リンゴ酸塩の組み合わさったもので、ヨーロッパでは20年以上も身体および精神的疲労の回復に使用されて効果が立証されているサプリメントです。

– エクステンドBCAA公式サイトより

また、ビタミンB6、ナトリウム、カリウムにはアミノ酸の代謝や輸送、浸透圧の維持などそれぞれアミノ酸の働きを補助する働きがあり、 グルタミンにも筋肉分解抑制の機能があります。

といったようにエクステンドには筋肉分解抑制に必要ないろいろな成分が含まれているため、相対的にアミノ酸やBCAAの含有率が下がっているということです。

また、フレーバー付きかノンフレーバーかという違いもありますね。
エクステンドにフレーバーをつけるために使っている成分表示がないのが残念です。
かたや、グロングは人工甘味料、香料無添加をうたっている特徴があります。

この違いはユーザーの好みによりますね。

エクステンドは総合的な筋肉分解抑制ドリンクであることに対して、グロングはBCAAほぼそのものの成分に特化した商品であるといえるでしょう。

価格比較

単位あたりの価格を比較してみます。

エクステンド
価格
エクステンド
→100g換算
グロング
価格
グロング
→100g換算
参考価格(円)¥5,993¥487¥3,980¥398
内容量(g)1231100 1000100
アミノ酸含有率換算¥609¥406
BCAA含有率換算¥1,015¥406

100gあたりの単価はエクステンドの方が若干安くなっています。

グロングが値下げしたため、100gあたりでも安くなっています。

しかし、アミノ酸含有率換算、BCAA含有率換算でみると当然エクステンドが割高になります。

BCAAそのものに換算するとグロングだとエクステンドの半値以下の価格でBCAAを購入できることになります。

グロングだとBCAAそのものだけなので、ジュースやナトリウムなどの他の成分を別に摂取する必要があるので、別のコストがかかります。

こちらも他の成分を含めて購入していることがお得なのか、割高なのかというのはユーザー次第になってきますね。

まとめ

同じBCAAでも、まったく性質の違う商品であることがわかりました。

★そのままで、おいしい総合的な筋肉分解抑制ドリンクを手軽に飲みたいならエクステンド

☆BCAAそのものの安く購入して自分で他の成分を組み合わせる手間をかけるならグロング

いずれにしても自分にあった形でおいしくBCAAを飲みたいものですね。

あなたはどちら派?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。