姿勢について 重心がかかと

以前、猫背だった私は筋トレを始めてから姿勢を直しました。

そして、今は立ち方が全く変わってしまったことを自分で感じることができます。

明らかに重心がかかとにあります。

 

姿勢を直してどうなったか

立っているときに安定感を感じます。

頭の重さがそのまま足のかかとに乗っているような感覚。

足の裏で地面をしっかりとらえているような感覚。

重心を後ろにおいたまま、身体の後ろ側を使って歩く。

体が動かしやすく、歩くのすら楽しくてしょうがない感じ。

だから通勤もずんずん歩く、朝夕の有酸素運動。

以前の私

子供の頃からTシャツを着ると左右の肩の間に吊橋のようなアーチ状の線が自分だけ入っていて「なんでだろ~」と思っていました。

これって、”巻き肩”だからですよね。

50過ぎて筋トレ始めて姿勢を直そうと思って調べてたら、初めて”巻き肩”という言葉を知りました。

自分は”猫背”で”巻き肩”でとても姿勢が悪かったんですね。

 

筋トレを始めて感じたこと

姿勢を直さないと始まらないぞ、これは。

と思いました。

だいたい猫背のマッチョっていませんよね。

猫背だと胸や背中に効くフォームがぜんぜんできない。

だから、筋トレするなら、まず最初に姿勢を直さないと始まらないなと思ったわけです。

50代ともなると長年座り仕事を続けてきて固まってしまった自分の姿勢と向き合って体をほぐして毎日地道に努力して姿勢を直していくしかありません。

 

姿勢を直すために実践したこと

下の記事に私が姿勢を矯正するためにしたことが書かれています。

 

それから、腹筋を鍛えることもかなり有効です。

猫背の人は腹筋も弱っているから有効なのと腹筋に力を入れながら歩くなど日常的に腹筋を使うことによって相乗効果でだいぶ姿勢が改善されます。

まとめ

姿勢は直せます。

長年かけてなった姿勢を直すのは簡単ではありませんが、毎日意識することを続ければ直ります。

姿勢を直したら、そこから本当のトレーニングが始まります!

姿勢が悪いときより楽しくなること間違いない🤗

Photo by Maddi Bazzocco on Unsplash

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。