初心者は「筋肉のやる気スイッチ」が入るまで頑張ろう!

ジムに通い始めた頃、週に一回か二回のペースで通うのがやっとでした。

その頻度でトレーニングしても筋肉はつきにくい気がします。

ジムに通うペース

週一回か二回というペースは50代からジムに通い始め、筋肉痛がとれる中4日で通っていたときもそうでした。

現実的に仕事をしながらのジム通いだと普通なのかもしれません。

トレーナーや一般的な常識からだと週3回はすべきと言われています。

私の自論としては

「初心者こそ、筋トレは毎日やろう」

がいいと思います。

その理由は以前の記事「初心者ほどプロテインを飲もう」に書いた「筋肉はあなたのトレーニング歴を見ている」にあります。

 

できれば毎日筋トレすべき理由

一般的には「マッスルメモリー」と言われているものです。

その考え方は筋肉にはトレーニングすると筋肉に「筋肉を製造するスイッチ」ができるというものです。

そして「筋肉を製造するスイッチ」ができるまでは筋肉はつかないということ。

筋肉をつけたいなら「筋肉を製造するスイッチ」を作るのが先ってことですね。

つまりは「筋肉のやる気スイッチ」ですね。

それには「今は筋肉を作るとき」と筋肉に思い込まさなければなりません。

その近道が「毎日筋トレする」だと思います。

「筋トレする日」と「筋トレしない日」があると筋肉は「あれ、どっち?作るの作らないの?」ってなると思いませんか。

「筋肉のやる気スイッチ」さえできてしまえば、条件さえ整えば筋肉は製造されるようになるはずです。

条件とは

正しいフォームによる筋肉の限界を超えるトレーニング+筋肉を作る材料(タンパク質)+筋肉を作る時間(休養)

さえ、できていれば整っていると考えます。

この条件を整えるのが難しいんだけどね。

 

実例:私の場合

私は筋トレを始めてもうすぐ一年という頃に少し体に変化があって「筋肉のやる気スイッチ」が入るのが遅かったんです。

というのも最初の6ヶ月は週に一、二回しか筋トレしていませんでした。

6ヶ月後にまったく筋肉が増えていないことに気づき、愕然としました。

今、思えば、筋トレの頻度が少なすぎて「筋肉のやる気スイッチ」が入っていなかったんですね。

そこから毎日筋トレするようになって4、5ヶ月後に「筋肉のやる気スイッチ」が入った気がします。

 

毎日、筋トレする実践方法

まず、1日に一つか二つの部位だけのトレーニングを行う。

今日は胸だけをやる日というふうにする。

毎日、部位を変えてトレーニングする。

筋肉痛でない部位をトレーニングするようにすればよい。

基本的には毎日欠かさずトレーニングするようにする。

短い時間でもよいから必ず毎日筋トレするようにする。

疲れていて、トレーニングが無理なときは休んでもいいが、2日以上、続けて休まないようにする。

仕事をしながらだと、残業とか疲れだとかでできなくなりがちなので、

おすすめは「朝活」です。

朝、早めに起きて糖質(マルトデキストリン)を飲んで、ストレッチや有酸素運動をして糖質が吸収される時間を稼いでから(空腹時の有酸素運動で脂肪を落とす狙いもあります)、

筋トレするといいです。

朝やっていると、できないことが少なくなります。

また、運動したあとなので、体が軽く、1日気持ちよく過ごせます。

精神的にも今日の分のトレーニングは終わっているという余裕を持てます。

 

筋肉を作る時間(休養)について

毎日やってたら、筋肉を作る時間がないじやないかってなりますよね。

でも、毎日、数時間睡眠をとっているし、筋トレしていないときは基本的には筋肉は休んでいます。

筋肉にとってはそれで十分じゃないでしょうか。

できるだけ、筋トレを休む口実を作らないようにします。

毎日やってるとトレーニング癖がつきます。初心者にはこれが大事だと思います、

また、部位ごとに毎日変えているので一つの部位にとってはある程度の間隔を空けているので十分に筋肉を作る時間があると考えます。

 

一番キツイのは始めたばかりの頃

これまでやっていなかったことをやっているのだからキツイのは当たり前です。

しかも、結果がいつ出るのかもわかりません。

少なくとも数ヶ月は結果が出ません。

このツライ時期を乗り越えていかなければなりません。

食事や睡眠にも気をつけなければなりません。

周りも「何目指してるの?」などとネガティブなことを言ってきます。

 

キツイことばかりではない

筋トレは始めた頃からいくつか生活が好転することがあります。

自分の体の変化に気づくようになるまだ続けると、もっといいことが待っています。

それはここでは触れませんが。。。

 

まとめ

「初心者こそ、筋トレは毎日やろう」

「少なくとも筋肉のやる気スイッチが入るまでは続けよう」

「部位別に分ければ毎日できる」

皮肉なことに筋トレは始めた頃が一番ツライのです。

「筋肉のやる気スイッチ」

が入るまでブレずに頑張りましょう。

必ず、結果はついてきます。

Image by Peggy und Marco Lachmann-Anke from Pixabay

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。