50代からの筋トレにはストレッチが必須

50代からの筋トレにはストレッチが必須です。

特に体のどこかに痛みを感じたときにはその部位に合わせたストレッチをすぐに始めるべきです。

筋肉は引っ張り合ってバランスを保っているので

どこかを鍛えるとその筋肉に他の筋肉やスジが引っ張られます。

そうやってバランスが崩れ痛みになることがよくあります。

歳をとると体が硬くなっていたり、長年同じ姿勢の仕事ばかりしてきたことで

もともと凝り固まっていたところに痛みを感じることがあります。

特に腰回りや肩周りは問題を起こしやすく、できれば毎日、少なくとも週数回は行った方が良いと思います。

私のように毎日、座り仕事でずっとパソコンに向かっているようなら、かなり凝り固まっているはずです。

私の場合は反り腰になったり、左肩に違和感があります。

(その後、整骨院で矯正することになります。)

立ったままできる軽いストレッチは毎日行っています。

「やばいな」、「凝ってきたな」と思ったら、座ってやるストレッチを入念にやるようにしています。

ストレッチでもヨガでもよいです。

自分に合うと思うものをネットで探してやるとよいと思います。

私は次のようなものを気に入ってやっています。

sexyfitnessリンク

b-lifeリンク

高齢者は体が硬いことが多いのですぐに動画のようにはいかないので気をつけてやりましょう。

できる範囲でやっていれば少しずつ柔らかくなってきます。

私は慣れないのに動画のとおりにやって膝の靭帯を伸ばしてしまったことがあります。

気をつけましょう^_^

Image by StockSnap from Pixabay

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。